お月見

お月見は団子を食べるためだけの日では無い!

お月見というと、まん丸なお月様をバッグに、真っ白で丸いお団子を食べる日、というイメージが有ります。
確かに、お月見ではお団子を食べる風習がありますが、ただそれだけのお祭りではありません。

お月見は元々、秋の味覚、豊作のお礼を言うための行事ですので、お団子の他にも、秋の旬であるブドウや柿、栗など、様々なお供え物をすることが決まりです。
お供え物そのものの量は多すぎても後々大変ですので、ある程度の量を用意すれば良いのですが、種類そのものは大いにこしたことは無いでしょう。

いずれも神様にお供えを行なった後、ご家族や自分で食べるものですので、出来るだけ新鮮な物を用意し、あまり長すぎること放置をしないようにしましょう。
果物を用意する際には、皮付きのまま、食べるときに皮をむいて食べやすいようにカットしてください。

ススキを用意する理由は?

お月見と言えば、サラサラとしなるススキです。
元来は稲穂を用意しないといけませんが、稲穂があるお家はなかなかありませんので、歴史と共に、ススキで代用されるようになりました。

ススキは、神様が訪れる、依り代的な存在として用意をされています。
そのため、ススキが無いと神様が訪れる事ができず、せっかくのお供え物が台無しになってしまうのです。
何本もススキを用意する必要はありませんが、必ず忘れずに用意をしておきましょう。

用意をしたお供え物とススキは、月明かりの見える場所、月明かりの当たる場所に設置します。
屋内でも構いませんが、必ず月明かりが点る場所に用意をして、お月見を楽しみましょう。

様々なお団子でお月見を楽しむ

お団子は真っ白お団子と言うイメージがありますが、近年では自由度が高く、様々なお団子を用意して、お月見を楽しんでいる方が増えています。
特にこれと言った厳しい決まりがあるわけではありませんので、お団子作りの際に、いくつかレパートリーを用意すると楽しむ事が出来るでしょう。

例えば、みたらし団子などのポピュラーなお団子を初め、あんこや抹茶など、好みに応じてお団子を用意すると良いでしょう。
お団子の台に乗せる場合は、味が付いている物ですと、台が汚れてしまいますので、真っ白団子を載せつつ、別途、味付きのお団子を用意する事をおすすめします。

お月見は、一通り月を観賞してから、お団子などのお供え物を頂くようにしましょう。
全く月明かりに照らさないまま、お月様を見ながらできたてのお団子を食べるというのは間違いです。
元々は神様に召し上がって頂くためのお供え物ですので、十分お月見をして、召し上がって頂いた後に、私たちが食べるように心がけましょう。

タイ:コムローイ祭

世界最大のランタン祭り

タイで毎年11月に開催されるのが、世界最大のランタン祭りと言われているコムローイ祭です。
コムローイ祭は仏教のお祭りで、ブッダへの感謝を込め、大勢の人が一斉に火を灯したランタンを打ち上げます。
ブッダに感謝をしながらランタンを打ち上げ、視界から消える頃には苦難も一緒に舞い上がり消えてしまうと信じられています。

祭り当日暗くなるのを待ち、お坊さんたちが念仏を唱え祭りが始まります。
毎年国内外から大勢の見物客が訪れますが、開始まではざわざわとしていた会場も、念仏が始まると静まり、とても神聖な雰囲気となります。

ディズニー映画の舞台になった祭り

コムローイ祭は、人気のディズニー映画『塔の上のラプンツェル』の舞台としてもよく知られています。
映画の中では塔に閉じ込められたラプンツェルが、毎年城で行われる灯篭を上げるシーンと、船の上から灯篭を見るシーンがありますが、これはどちらもコムローイ祭がモデルとなったそうです。
映画のシーンも感動的でしたが、実物はもっと迫力があります。

遠くから見るとランタンは小さく見えますが、実際には1個がかなり大きく、大人2人で両端を持ってちょうどいいくらいです。
一斉に打ち上げられる数え切れないほどのランタンが、空高く舞い上がっていく姿はとても神秘的であり、日本ではなかなか見られない光景です。
コムローイ祭の締めには、花火が打ち上げられますが、まだ多くのランタンが空中をさまよっているので、花火が霞んでしまうほどです。

コムローイ祭の豆知識

幻想的な体験が出来る事から、毎年多くの観光客が訪れます。
コムローイ祭には現地で行われる、イーペン・サンサーイと、観光客のために行われるイーペン・ランナー・インターナショナルという2つの祭りが存在します。
イーペン・サンサーイの方は地元の人々のために開催される仏教のお祭りで、もう一方のイーペン・ランナー・インターナショナルは観光客向けに開催されており、約3000個ものランタンが上がります。

イーペン・ランナー・インターナショナルは日本からも見に行く事ができますが、コムローイ祭のチケットは毎年3000枚しか発行されません。
さらには前の年には既に完売になっているほどの人気ぶりです。
チケットがなくてもコムローイ祭を見物する事はできますので、チケットがなくても安心です。
ディズニー映画のような光景を目の当たりにできる事から、一度は見物してみたい祭りとしてもよく知られています。

コムローイ祭は参加して真下から見上げるのも素敵ですが、遠くから見る景色も綺麗です。
ランタンはゆっくりと上がって行きますので、かなりの長時間幻想的な景色を体験できるでしょう。
コムローイ祭が開催されるまでは、会場にある屋台で食べ歩きができます。