カンボジア:水祭り

カンボジア最大のお祭り、水祭り

東南アジアで有名なお祭りにソンクラーンという水かけ祭りがあります。
名前の通り水を掛け合うお祭りで水鉄砲やバケツで大量の水を掛け合うというものです。
毎年4月の13日から15日に行われおり日本から参加する人も多いです。

実はカンボジアにも水祭りがあります。
ソンクラーンのように街中で水を掛け合うものではありません。
カンボジアの場合には川でボートレースが行われたり灯篭流しをしたりします。

カンボジアの水祭り

カンボジアはあまり大きなお祭りが無い地域です。
そのような地域なので水祭りはとても大規模で行われ首都のプノンペンやアンコール遺跡群のあるシュムリアップは国中から人が集まります。
プノンペン市内を流れているトンレサップ川沿いには出店も立ち並びコンサートや花火大会も行われとてもにぎやかです。

水祭り(ウォーターフェスティバル)は11月の満月の前後3日間に行われます。
この時期は雨季が終わる時期で雨季の終わりと乾季の到来を祝う行事です。
11月は稲刈りが終わる時期でもあるので水の恵みに感謝をして収穫も祝う意味があります。

水祭り最大の見どころはトレンサップ川で行われるボートレース大会です。
ドラゴンボートといわれる木製の手漕ぎボートに数十人が乗り込んで二艘のボートでタイムを競い合います。
シンプルなレースですが毎年500を超えるチームが参加をし、家族や友人だけでなくカンボジア中から集まった観光客が応援するためとても盛り上がります。

水祭りの歴史

水祭りの始まりは諸説あります。
12世紀のクメール王朝時代に隣の国の侵攻を防ぐためにジャヤーヴァルマン7世王が水軍を指揮して追い返したことを讃えて始まったとする説や16世紀のカンボジア王国時代の水軍の勢力を誇示するためにボートレースが行われたことを起源とする説など様々です。

そのためどのくらいの時代から始まったかも正確な起源もわかっていません。
今は乾季の到来と米をはじめとした農作物の収穫を祝うお祭りという意味合いが強いです。

水祭りに参加をする際の注意点

水祭りは最近日本でも知名度が上がってきたために日本人も観光で訪れるという人もいます。
ただし普段のカンボジアとは違い国中から多くの人たちが集まるため混雑がものすごいです。
そのため2010年にはプノンペンでボートレースを観戦しようと集まった観光客が将棋倒しになってしまい350人以上が死亡し800人近くがけがをするという事故も起こっています。

やはりたくさんの人たちが集まることで交通事故やスリも多いです。
人混みはすごく混雑するので気をつけて行動すること、貴重品はホテルに預けて最低限の荷物で出かけるようにしましょう。

紅葉狩り

紅葉狩りは何をするもの?

誰もが子供のころには紅葉狩りは何をするもの?と思ったものです。
リンゴ狩りやいちご狩りのように果物を摘み取るイメージがあるために紅葉狩りも紅葉を摘み取るものをいめーじしがちですがそうではありません。
あくまでも紅葉を鑑賞することを紅葉狩りといいます。

紅葉という漢字は「コウヨウ」とも「モミジ」とも読みますが紅葉狩りのばあいには「コウヨウガリ」とは読みません。
「モミジガリ」と必ず読みます。
能の演目にもあることから古くから行われてきた行事だと考えられています。

狩りという言葉の由来

狩りとつくとどうしても鑑賞だけをするイメージがありません。
元々は狩りという言葉には獣を狩る意味があります。

紅葉狩りは平安時代から続く行事です。
平安貴族たちが紅葉の干渉をする際に「紅葉を狩る」とシャレでいったことが由来であるといわれています。
それ以外にもキノコ狩りのように山に出かけていることや紅葉した赤い葉を拾い集めたことから「狩り」と表現したといったことも言われており明確な由来はわかっていません。

紅葉狩りの歴史

紅葉狩りが行楽として定着をしたのは江戸時代の中期頃からです。
富裕層の商人が登場し町民文化が華やかになったことで紅葉狩りのような行楽が流行るようになりました。

このころは伊勢神宮にお参りをするお伊勢講やおかげ参りもブームになった時期です。
そのため庶民の間では旅行が流行り「都名勝図絵」という名所を案内する本が出来上がったことも紅葉狩りが流行るのを後押ししました。

この本では紅葉の名所が紹介されておりたくさんの人がその場所へ集まりました。
同じ版元が出した「友禅雛(ひいな)形」という着物のデザイン本も合わせて流行り紅葉の名所をデザインしている最先端の着物で紅葉狩りに出かけることがステイタスとなったのです。

平安時代の記録にも紅葉狩りをした様子は残子っています。
しかしそのころは川に舟を浮かべて紅葉を楽しんだというものであり静かに楽しむのが主流でした。
紅葉を遠めに眺めるのが一般的だった平安時代と違い江戸時代になると紅葉の木のそばにお弁当やお酒を持って行きお花見のように騒いで楽しむようになりました。

あくまでも江戸時代の紅葉狩りには宗教観はなく楽しむものというでした。
そのため今の紅葉狩りとほとんど同じ形で行われていました。

今も紅葉狩りはありますが楽しみ方は人それぞれです。
お弁当を持って行き紅葉のそばで楽しむ人もいますし遠くの山の効用を眺めるという人もいます。
どの時代でも赤く染まっている紅葉を眺めて美しいと感動するとともに冬が来てしまうことや葉が落ちてしまうことに寂しさを感じながら鑑賞することだけは変わっていません。