ドイツ:ローテンブルクの誇り「マイスター・トゥルンク祭り」

ドイツ:ローテンブルクの誇り「マイスター・トゥルンク祭り」の歴史

時は1631年三十年戦争に遡ります。
プロテスタント側についたローテンブルクは惨敗し、市参事達の斬首刑が決定しました。
しかし、ある宴の席で勝利者側のティリー将軍が「大杯いっぱいのワインを一気のみ出来るやつがいれば、罪を許そう。」と言ったのです。

そこに名乗り出たのは決死の覚悟の市長のヌッシュでした。
なんと、彼はみごとに3.25リットルのワインを飲み干しましたので、ローテンブルクは救われたのです。
このお話がマイスター・トゥルンクというもの。

時期は毎年5~6月

マイスタートゥルンクを記念したローテンブルク最大級のお祭りは毎年5~6月に開催されます。
ただし、キリスト教の聖霊君臨祭の日に行われるとあって
開催日は毎年、変わりますので行きたいと思ったらまずは日にちを確認した方が良いでしょう。
たとえば、一口に5月といっても日にちがわからないものですから、何日から何日までというように把握しておいた方がよいです。
特に日本から行くのであれば、重要なこと。

お祭りの概要

 
このお祭りでは開催期間中に必ず通して行われるものがあります。
まずは、マイスタートゥルンクの市民劇、職人市です。
そして、三十年戦争の仮装をした人々による音楽や歌のパフォーマンス。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        
このような中世の仮装をした人たちであふれるこの時期はまるでタイムスリップしたかのような感覚になります。

特徴も見よう

このお祭りの特徴は歴史の再現ドラマのようなところです。
とにかく人々が扮する中世の姿もまるで本物の様で、徹底しています。
日本でもよく地域のお殿様をたたえたお祭りがあり、街の人がお殿様やお姫様、家来に扮するものがありますから、その意味では似ているのかもしれません。
歴史に忠実で地域を愛する住民たちによるお祭りといえます。

魅力は仮装行列

ここのお祭りのみどころは仮装行列です。
何と言っても30年戦争の仮装行列なので、顔から血を流している兵士もいますし、武器を持っている兵士、普通の生活を営む庶民等、様々な人たちが街を練り歩きますから、見応え十分。
そして、面白いのはここまでやるのと思えるほどに当時の生活を再現しているところです。
なんと行列参加者のキャンプがあります。

彼らはお店からもらってきたお酒を飲んでどんちゃん騒ぎするのです。
これは当時の強奪の様子を再現しています。

このようなリアル中世を見られるのも楽しいところですし、ローテンブルグの街並みもまるで童話の世界のようです。
年に一度のお祭りを見にローテンブルグまで行く価値ありでしょう。

スペイン:王様級の「セビリア春祭り」

スペイン:王様級の「セビリア春祭り」の歴史

1847年、家畜と農業フェアとして始まったのが、「セビリア春祭り」でした。
それ以来セビリアの伝統として、さかんになっていったのですが、最初は家畜の屋台などが並ぶ地味なものだったのです。
けれども、人々が意見を出し合い、だんだんと食べたり、飲んだり踊ったりする、人々を楽しませる祭りに変わっていきました。
今では、専用会場を持つほどのにぎわいで世界規模でも有名な祭りになったのです。

時期について

セビリア春祭りの日程は毎年変わりますが、春祭りとしての位置づけでみるとやはり4月末から5月はじめ頃が良いシーズンですから、その辺りの開催されることが多いです。                                                                                                                                                                                     
ちょうどそのころですと、外で楽しく過ごすには良い気候でしょう。
その時期、街はおおいににぎわい、華やかな雰囲気になります。
もし、旅行でセビリアを訪れるのであれば、この時期がおすすめです。

概要は?

踊って歌って飲んでというとにかく明るいお祭りです。
道には1000を超えるテントのカセタがあり、人々はそこを行きかい祭りを楽しみます。
カセタは家の役割を果たし、人々はここで食事をしたり、お酒を飲んだりします。
そして、あちらこちらでは音楽が流れ、常に陽気な雰囲気です。

特徴も知っておこう

このお祭りの特徴はカセタがあることです。
各カセタはそれぞれ特徴がありますので、好きな雰囲気のカセタに行くと良いでしょう。
カセタはレストランとして存在したり、お酒を飲むパブがあったりと様々です。
そして、おしゃれな人達が多いので、カセタによっては正装が必要なところもあります。

どんな魅力がある?

このお祭りでは、ここならではのものがたくさんあります。たとえば、飲み物としてレブヒートがあります。
レブヒートは、スペインのお祭りならではの飲み物でシェリーカクテルです。

そして、春祭り名物のセビジャーナスという踊りがあります。
なかなか難しい踊りなので、日本人で踊れる人はほとんどいないようです。

また、食べ物ではブニュエロがあります。
ブニュエロはタラが入っている食事的なものもありますが、ここのお祭りのブニュエロは甘いもので揚げシューです。
生クリーム、カスタードクリームといった甘いクリーム類がはいっています。
レブヒートを飲んだ後に食べるのが最高だそうです。
その際、一緒にチョコラテを飲むのもおすすめ。

そして、時間ごとに楽しめるというのも大きな魅力でしょう。
昼間は子供たちが踊っている様子を見て、華やかに着飾っている女性を見ていると楽しめます。

夜は雰囲気が違い、かわいいfarolillo(ちょうちん)があるのも見逃せません。
また、最終日の花火は華やかで見ごたえありです。
ちょうど日付が変わる瞬間にあがるので、なかなか思い出深いものになりそう。