スペイン:バルセロナの風物詩「グラシアのお祭り」

スペインのバルセロナの風物詩「グラシアのお祭り」の歴史を知ろう

今でこそ、スペインのバルセロナの風物詩と言われますが、グラシア地区はそもそも1897年まではバルセロナとは別の村でした。
そのため、「グラシアのお祭り」とは村祭りとか、町内会の納涼祭のようなものだったのです。
現在でもこの辺り一帯というと、小道が入りこんだような感じなので、バルセロナの中の小さな村と言ってもいいところ。
始まりが1817年からなので、2017年で200周年を迎えた歴史あるお祭りは、グラシアに住む人々の地域への愛に支えられているのでしょう。

「グラシアのお祭り」の時期は?

「グラシアのお祭り」の時期は、毎年8月15日~21日で2017年に200周年を迎えました。
このお祭りは地域に支えられているものですが、夏の風物時の一つにもなっており、知る人ぞ知るという感じで有名です。

それというのも、街の装飾の素晴らしさは玄人の域ですし、人間の塔や花火はもう、目が離せないほどで見る価値ありのお祭りといえます。
機会があれば、見てみましょう。

お祭りの概要

イベントの幕開けは初日の夕方ですが、そのパレードは翌日朝まで続いているというのですから、驚きです。
何だかスペインの人は爆竹大好きみたいで、爆竹の音などが夜通し続いているとか。
その上、通りは人だかりでものすごいものです。
こんなにすごい人だかりですと、迷子にならないかと親御さんは心配ではないでしょうか。

さらに、ものすごいのはイベント期間中3日間行われる人間の塔の大胆さです。
その大きさは、日本では考えられないくらいといえます。

「グラシアのお祭り」の特徴

「グラシアのお祭り」の特徴は1日中街が元気ということです。
期間中は、昼のにぎやかさはもちろん、夜は夜で若者からお年寄り、小さな子供までが駆け回っています。
地元民たちは通りにおしゃべりするためにテーブルや椅子を並べ、きれいな装飾の下で食事しながらおしゃべりしたり、楽しく仲間とお酒を飲んだりしますので、なんだか日本のお花見のような感じです。
都会であってこのような風景はめずらしいかもしれません。

お祭りの魅力をご紹介

魅力の一つは、多くの道々にカラフルでみごとな装飾がみられるところです。
街中がストリートアートで埋め尽くされ、日本では考えられないくらいの華やかさといえます。
そして、各ストリートでテーマが決まっていて、それぞれのやり方を用いた飾り付けが行なわれるのです。
その飾りつけはコンテスト形式なので、負けたくないという気持ちもあるのでしょう。

このように、街の人々のアートにたいする強いほどのこだわりは、そのままお祭りの大きな魅力になっています。

見ているだけでも飽きないようなアートの街のお祭りは、心が和みわくわくすることまちがいないです。

イタリア:2千年前の劇場で「アレーナ・ディ・ヴェローナ・オペラ祭」

「アレーナ・ディ・ヴェローナ・オペラ祭」の催されるヴェローナの歴史

夏の風物詩と言われ、「アレーナ・ディ・ヴェローナ・オペラ祭」の催される美しい街ヴェローナが誕生したのは紀元前1世紀でした。
13世紀、14世紀はスカラ家に支配され、15~18世紀はヴェネツィア共和国の統治下だったのです。
そんな歴史のある街であるヴェローナはオペラ祭が催される円形競技場アレーナ以外にも歴史的建造物がたくさんあります。
シェークスピアの悲劇「ロミオとジュリエット」の舞台にもなりましたから、「ジュリエットの家もあるのです。

「アレーナ・ディ・ヴェローナ・オペラ祭」の時期

「アレーナ・ディ・ヴェローナ・オペラ祭」の時期は、夏の風物詩と言われるだけあり、夏です。
因みに2018年は6月22日から8月26日でした。
遅いと思われるかも知れませんが、オペラが始まるのは大体夜の9時です。

とはいいましても、イタリアの夏は日没が遅いため、その時間でもまだ夕暮れなのです。
したがって、アレーナに入るのは夕暮れ時になります。

「アレーナ・ディ・ヴェローナ・オペラ祭」の概要

「アレーナ・ディ・ヴェローナ・オペラ祭」は毎年、夏に催されるオペラの祭典です。
ビゼー作曲「カルメン」、ヴェルディ作曲「アイーダ」、プッチーニ作曲「トゥーランドット」等、どこかで聴いたことがあったりするような有名なオペラをアレ―ナで聴くことができます。
このような歴史的建造物で、まや歴史的なオペラを聞けるのはめったにないことですから、チャンスです。
しかし、人気が高いのでチケットの入手は早い方が良いでしょう。

オペラの特徴をわかりやすく

オペラの特徴をここで、わかりやすくお伝えします。
オペラは日本語で言いますと「歌劇」で、その字のとおりに歌で進行する劇なのです。
このように書きますと分かりやすいのですが、聴いていても良くわからないという人が多いのはその言葉が日本語ではないからで、主にイタリア語で書かれています。
けれども、ストーリーは大体が恋愛ものでわかりやすいですし、曲が何よりも美しいので、予めどんな話かを理解していけば、うっとりと楽しめるものです。

「アレーナ・ディ・ヴェローナ・オペラ祭」の魅力

「アレーナ・ディ・ヴェローナ・オペラ祭」の魅力は何と言いましても、アレーナです。
円形競技場アレーナは紀元1世紀初頭の建築で、今も当時のまま使えるのは素晴らしいこと。
保存状態はイタリアで一番だそうです。

夜空に浮かぶオペラの舞台を想像してみてください。
この世のものとは思えない美しさで、月も星もキャンドルもすべてが音楽と円形競技場アレーナと一体化するのです。
夏の闇に深まる舞台に魅了されながら、そんなスペクタクルな体験をしてみたくありませんか。