ミャンマー:僧侶になるための「得度式」

ミャンマーにおける僧侶になるための「得度式」とは

ミャンマーではほとんどの仏教徒が子供の頃に出家をさせるようです。
その際は「得度式」があります。
まずは、「得度式」の「得度」についてご紹介します。
「得度」は正しい作法を通じて、僧侶としてふさわしい姿になり、仏の教えを信じ、仏の徳を見につけることです。

「得度式」とは師匠によって髪をそり落としたいただき、衣(ころも)、袈裟(けさ)、坐具、応量器と言った僧侶が生きるために必要最低限の物を頂き、僧侶の仲間入りをするのですが、ミャンマーの子供もための「得度式」は華やかなものです。
それは、子供達「シンラオ」というきらびやかな衣装を身につけているからでしょう。
男の子は純白のサテン地の上下にきらきらした帽子、女の子はピンクかオレンジの衣装になります。
この服装は釈迦族の王子だったゴータマ・シッダールタ(後のブッダ)にちなんだものだそうです。
この儀式は2日に渡って行いますので、まだ小さい子供たちにとっては堅苦しいものになります。

出家の時期は?

出家の時期については明確に何歳~という決まりはないようです。
ただ、20歳未満の場合は「十戒」を守るようにします。

「十戒」の内容ですが、殺生をしない、盗みをしない、異性に触れない,嘘をつかない、酒を飲まない、午後に食事をしない、歌や音楽、踊りは視聴しない、指輪、ネックレスという装身具、香水は使わない、大きいベッドをつかわない、お金を受け取らないといったことです。
一般常識としても通用する大事な教えになります。
ミャンマーでは5歳から出家させるようです。

女の子と男の子の違いについて

ミャンマーでは子供の出家において、男の子と女の子の違いがあります。
男の子は剃髪しますが、女の子は儀式を終えたというしるしで耳に金のピアスをするようです。
剃髪は、まだ小さい子にとっては大変なことで、泣いてしまう子もいるでしょう。
原則として、女の子は儀式を受けるのみで出家はしません。
頭を丸めた男の子たちは裸になって水で全身を洗い、儀式用の化粧をおとして、エンジ色の僧衣を着せてもらいます。
そして、僧侶の話を聞いてお経を授かり、最後に子供の親が急須に入れた水を一滴たらして2日間にわたる「得度式」を終えるのです。

男の子の場合、剃髪後は僧侶として数週間か、数十日お寺に預けられることもあるようですが、その後は俗世に戻ります。
そのままお寺に残り、大人になるまで修行する子もいるようです。
親の考えにもよるでしょうし、人それぞれということでしょう。

ただ、まだ子供である時期に短期間でも修行できるのは、それだけでもえらいことです。
ぜひ、日本の子供達にも見習ってほしいもの。

韓国:美肌祭り「ポリョン・マッド・フェスティバル」

韓国:美肌祭り「ポリョン・マッド・フェスティバル」の歴史を語る

韓国の美肌祭り「ポリョン・マッド・フェスティバル」は1998年にスタートしました。
まだ、スタートしてから10年余りと歴史的には浅いのですが、知名度はかなり上がっています。

実は、韓国のお祭りは数多くありますが、地域色が濃すぎて外国人は躊躇しがちになってしまい、体験しにくいものが多かったのです。
ところが、この「ポリョン・マッド・フェスティバル」は従来の外国人には受け入れ難い祭りというイメージを払拭させ、海外の人も参加しやすい感じになりました。
今では数多くの外国人が楽しむようになり、韓国最大規模の祭りになったのです。

韓国の美肌祭り「ポリョン・マッド・フェスティバル」開催時期

こちらの祭りの開催時期は毎年7月中旬から8月下旬です。
2018年は7月13日から22日でした。

このくらいの時期に夏休みを取れそうだったら、お友達を誘って参加したり、親子で参加したりするのも楽しそうです。
韓国大好きという人は多いので、観光がてらに楽しめそう。

韓国の美肌祭り「ポリョン・マッド・フェスティバル」の特徴

このお祭りの特徴は非常に良質な泥を使った楽しいイベントに参加することで、美容、健康に抜群の効果があるということです。
開催地のポリョンは海と山に囲まれた観光都市で海辺には136kmの海岸と干潟が続いている風光明媚な場所ですから、イベント以外はのんびりゆったりできます。

最近は外国人の参加が多いので、通訳ボランティア、外国人割引料金制度、外国人専用食堂や荷物預り所なども設けられているのです。
安心して泥まみれになれるのはうれしいところでしょう。

韓国の美肌祭り「ポリョン・マッド・フェスティバル」の魅力

この祭りの魅力は、とにかく数の多い泥イベントです。
泥のマッサージ、泥のスライダー、泥を使ったカラーペインティング、泥工芸、マラソン等、たくさんあります。
また、このフェスティバルのイメージキャラクターによるパレード、パフォーマンス、花火やコンサートなど、楽しいものばかりです。

一番人気の泥マッサージをご紹介します。
マッドセルフマッサージのコーナーというところがあり、そこは泥風呂が無料で入れますので、お得です。
まず、ここに飛び込んで全身泥だらけになります。
10分ほどして、泥が白くなり乾いてきたら、海に入るので、泥のミネラルと海水の塩の効果でお肌がしっとりします。

次に泥カラーペインティングをご紹介しましょう。
赤、緑、黄色、ピンク、青に染めた泥を刷毛等を使って全身に塗ります。
いたずら書き風でもいいですし、アートにしてもいいので、ここはうんと楽しんでください。
見ているだけでも楽しいイベントになります。