恵方巻き

節分の定番となった恵方巻

ここ数年で恵方巻は節分の定番になりました。
節分前後になるとスーパーやお寿司屋さんではたくさんの恵方巻が並んでいます。

元々は関西を中心とした行事で関東の人にはなじみがありませんでした。
いつの間にか全国区の行事になりましたがどのようなルーツがあるのでしょう。

恵方巻のルーツ

恵方巻は江戸時代から明治時代にかけて始まったと言われている行事です。
大阪の花街で節分のお祝いをしたり商売繁盛を願ったりしたことが由来とされています。

花街で承認や芸子たちは節分に芸遊びをしながら商売繁盛を願って恵方巻を食べたのです。
ただ当初は名前も恵方巻ではなく「まるかぶり寿司」や「太巻き寿司」といった名前で呼ばれていました。
どちらも七福にちなんで具材が7つ入れられていることは共通していて今もそれが残っているのです。

丸かじりをする理由

恵方巻といえば一つの巻きずしを最後まで一人でかじって食べるのがルールです。
これは一本を一人で丸ごと食べきることによって商売繁盛の運を一気に頂くことを意味しています。

途中で食べるのを止めてしまうと運を逃すとされています。
そのため一気に丸ごと食べてその年の幸運を呼び込むようにするのです。

恵方巻はいつから全国で食べられるようになったのか

恵方巻が関東でも知られるようになったのは2000年代からです。
それまではずっと関西で行われているだけでした。

関東にも知られるようになったのが1990年代から少しずつコンビニチェーンが大阪以外の地域でも節分に太巻きを販売するようになったことだと言われています。
この時太巻きに「恵方巻」と名前を付けたことで今の恵方巻文化が定着したという説が強いです。

コンビニチェーンで毎年販売されるようになったこととテレビコマーシャルも放送されるようになったことによって恵方巻は一気に全国区になります。
この流れで恵方巻はコンビニエンスストアだけでなくデパートやスーパーでも販売されるようになったのです。
お店によって様々なアレンジを加えて販売するようになっています。

恵方巻と方角

恵方巻を食べる時には決められた方角を向いて食べるのが定番です。
これは恵方という歳徳神(としとくじん)という神様のいる場所でその年の金運や幸せをつかさどる神様とされています。
いる場所が毎年変わるために恵方が毎年変わるのです。

恵方は基本的に四方しかありませんが四方に十干(じっかん)を組み合わせることでその年の恵方が決まります。
十干というのは中国から伝わったもので暦の表示に使われます。
この二つを組み合わせることでその年の恵方が決まり恵方巻をその方角を向いて食べることで良い運を取り込むことができるとされているのです。

節分

節分は地域によっても内容が違う

最近では節分といえば恵方巻を食べる日というイメージも強いです。
しかし昔から豆まきをする日でもあります。
当たり前のように豆まきをしていてもその由来を知らない人は多いです。

そして意外と節分には地域によって風習の違いもあります。
なぜ地域によって違いがあるのでしょう。

節分は季節の変わり目を意味する

もともと春分・立夏・立秋・立冬という各季節の始まりの前日を節分と呼びます。
そのため節分は年に4回もあるのです。
ただし今は節分として行事が行われているのは2月の立秋前日のみになっています。

これは昔から立春は新しい年が始まるとみなされていたことが理由です。
そのため立春の前日である節分は大みそかのように特別扱いをされてきました。
平安時代には立春の前の日の節分は宮中行事として追儺(ついな)という行事も行われていました。

節分は邪気が生じるとも考えられている日です。
そのため豆まきによって邪気を追い払うことがされてきました。

節分の風習

節分は地域によって様々な風習があります。
一般的なのは「鬼は外、福は内」と掛け声をかけながら行う豆まきです。
豆をまいた後は歳の数だけ豆を食べたり恵方巻を食べたりします。

節分で豆をまくのは先に述べた通り邪気を払うためです。
その後豆を食べるのは福豆を食べることによって健康(まめ)でいられるようにという意味も込められています。

恵方巻は元々関西の文化でしたがコンビニチェーンで販売されるようになったことや目新しいことで今は全国区の行事です。
節分の夜には恵方を向いて巻きずしを食べます。
恵方という歳徳神がいる方向を見ながら願い事を込めて巻きずしを一本丸かぶりすることで福を呼び込むというものです。

節分の柊鰯

柊鰯(ひいらぎいわし)とか鰯柊(いわしひいらぎ)と呼ばれる柊野枝の先に焼いた鰯の頭をさしたものを家の玄関や門口に飾る地域もあります。
これは節分の魔よけの意味があり飾ることによって鬼が家の中に入らないと言われているものです。

鰯を焼いたときの匂いや煙を鬼が嫌がることや柊のとがった葉っぱが鬼の目を刺すということが由来です。
鬼は厄災や厄病といった邪気のたとえになるものなので柊鰯を飾ることで災難を遠ざけると考えられています。

地域によって柊鰯を飾る期間も様々です。
小正月である1月16日から節分まで飾るところもありますし、節分の日のみのところもありますし、節分から2月の終わりまでや次の節分まで1年間飾るところもあります。
地域や家庭によって飾る期間や飾るものも違います。

柊鰯は処分する方法も地域によって様々です。
塩で清めたらそのまま捨てるという地域もありますし神社のお焚き上げに持って行くところもあります。
お守りと同じ役割を担うためにお守りと同じように処分するという考えが多いです。