韓国:美肌祭り「ポリョン・マッド・フェスティバル」

韓国:美肌祭り「ポリョン・マッド・フェスティバル」の歴史を語る

韓国の美肌祭り「ポリョン・マッド・フェスティバル」は1998年にスタートしました。
まだ、スタートしてから10年余りと歴史的には浅いのですが、知名度はかなり上がっています。

実は、韓国のお祭りは数多くありますが、地域色が濃すぎて外国人は躊躇しがちになってしまい、体験しにくいものが多かったのです。
ところが、この「ポリョン・マッド・フェスティバル」は従来の外国人には受け入れ難い祭りというイメージを払拭させ、海外の人も参加しやすい感じになりました。
今では数多くの外国人が楽しむようになり、韓国最大規模の祭りになったのです。

韓国の美肌祭り「ポリョン・マッド・フェスティバル」開催時期

こちらの祭りの開催時期は毎年7月中旬から8月下旬です。
2018年は7月13日から22日でした。

このくらいの時期に夏休みを取れそうだったら、お友達を誘って参加したり、親子で参加したりするのも楽しそうです。
韓国大好きという人は多いので、観光がてらに楽しめそう。

韓国の美肌祭り「ポリョン・マッド・フェスティバル」の特徴

このお祭りの特徴は非常に良質な泥を使った楽しいイベントに参加することで、美容、健康に抜群の効果があるということです。
開催地のポリョンは海と山に囲まれた観光都市で海辺には136kmの海岸と干潟が続いている風光明媚な場所ですから、イベント以外はのんびりゆったりできます。

最近は外国人の参加が多いので、通訳ボランティア、外国人割引料金制度、外国人専用食堂や荷物預り所なども設けられているのです。
安心して泥まみれになれるのはうれしいところでしょう。

韓国の美肌祭り「ポリョン・マッド・フェスティバル」の魅力

この祭りの魅力は、とにかく数の多い泥イベントです。
泥のマッサージ、泥のスライダー、泥を使ったカラーペインティング、泥工芸、マラソン等、たくさんあります。
また、このフェスティバルのイメージキャラクターによるパレード、パフォーマンス、花火やコンサートなど、楽しいものばかりです。

一番人気の泥マッサージをご紹介します。
マッドセルフマッサージのコーナーというところがあり、そこは泥風呂が無料で入れますので、お得です。
まず、ここに飛び込んで全身泥だらけになります。
10分ほどして、泥が白くなり乾いてきたら、海に入るので、泥のミネラルと海水の塩の効果でお肌がしっとりします。

次に泥カラーペインティングをご紹介しましょう。
赤、緑、黄色、ピンク、青に染めた泥を刷毛等を使って全身に塗ります。
いたずら書き風でもいいですし、アートにしてもいいので、ここはうんと楽しんでください。
見ているだけでも楽しいイベントになります。

スペイン:バルセロナの風物詩「グラシアのお祭り」

スペインのバルセロナの風物詩「グラシアのお祭り」の歴史を知ろう

今でこそ、スペインのバルセロナの風物詩と言われますが、グラシア地区はそもそも1897年まではバルセロナとは別の村でした。
そのため、「グラシアのお祭り」とは村祭りとか、町内会の納涼祭のようなものだったのです。
現在でもこの辺り一帯というと、小道が入りこんだような感じなので、バルセロナの中の小さな村と言ってもいいところ。
始まりが1817年からなので、2017年で200周年を迎えた歴史あるお祭りは、グラシアに住む人々の地域への愛に支えられているのでしょう。

「グラシアのお祭り」の時期は?

「グラシアのお祭り」の時期は、毎年8月15日~21日で2017年に200周年を迎えました。
このお祭りは地域に支えられているものですが、夏の風物時の一つにもなっており、知る人ぞ知るという感じで有名です。

それというのも、街の装飾の素晴らしさは玄人の域ですし、人間の塔や花火はもう、目が離せないほどで見る価値ありのお祭りといえます。
機会があれば、見てみましょう。

お祭りの概要

イベントの幕開けは初日の夕方ですが、そのパレードは翌日朝まで続いているというのですから、驚きです。
何だかスペインの人は爆竹大好きみたいで、爆竹の音などが夜通し続いているとか。
その上、通りは人だかりでものすごいものです。
こんなにすごい人だかりですと、迷子にならないかと親御さんは心配ではないでしょうか。

さらに、ものすごいのはイベント期間中3日間行われる人間の塔の大胆さです。
その大きさは、日本では考えられないくらいといえます。

「グラシアのお祭り」の特徴

「グラシアのお祭り」の特徴は1日中街が元気ということです。
期間中は、昼のにぎやかさはもちろん、夜は夜で若者からお年寄り、小さな子供までが駆け回っています。
地元民たちは通りにおしゃべりするためにテーブルや椅子を並べ、きれいな装飾の下で食事しながらおしゃべりしたり、楽しく仲間とお酒を飲んだりしますので、なんだか日本のお花見のような感じです。
都会であってこのような風景はめずらしいかもしれません。

お祭りの魅力をご紹介

魅力の一つは、多くの道々にカラフルでみごとな装飾がみられるところです。
街中がストリートアートで埋め尽くされ、日本では考えられないくらいの華やかさといえます。
そして、各ストリートでテーマが決まっていて、それぞれのやり方を用いた飾り付けが行なわれるのです。
その飾りつけはコンテスト形式なので、負けたくないという気持ちもあるのでしょう。

このように、街の人々のアートにたいする強いほどのこだわりは、そのままお祭りの大きな魅力になっています。

見ているだけでも飽きないようなアートの街のお祭りは、心が和みわくわくすることまちがいないです。