スペイン:王様級の「セビリア春祭り」

スペイン:王様級の「セビリア春祭り」の歴史

1847年、家畜と農業フェアとして始まったのが、「セビリア春祭り」でした。
それ以来セビリアの伝統として、さかんになっていったのですが、最初は家畜の屋台などが並ぶ地味なものだったのです。
けれども、人々が意見を出し合い、だんだんと食べたり、飲んだり踊ったりする、人々を楽しませる祭りに変わっていきました。
今では、専用会場を持つほどのにぎわいで世界規模でも有名な祭りになったのです。

時期について

セビリア春祭りの日程は毎年変わりますが、春祭りとしての位置づけでみるとやはり4月末から5月はじめ頃が良いシーズンですから、その辺りの開催されることが多いです。                                                                                                                                                                                     
ちょうどそのころですと、外で楽しく過ごすには良い気候でしょう。
その時期、街はおおいににぎわい、華やかな雰囲気になります。
もし、旅行でセビリアを訪れるのであれば、この時期がおすすめです。

概要は?

踊って歌って飲んでというとにかく明るいお祭りです。
道には1000を超えるテントのカセタがあり、人々はそこを行きかい祭りを楽しみます。
カセタは家の役割を果たし、人々はここで食事をしたり、お酒を飲んだりします。
そして、あちらこちらでは音楽が流れ、常に陽気な雰囲気です。

特徴も知っておこう

このお祭りの特徴はカセタがあることです。
各カセタはそれぞれ特徴がありますので、好きな雰囲気のカセタに行くと良いでしょう。
カセタはレストランとして存在したり、お酒を飲むパブがあったりと様々です。
そして、おしゃれな人達が多いので、カセタによっては正装が必要なところもあります。

どんな魅力がある?

このお祭りでは、ここならではのものがたくさんあります。たとえば、飲み物としてレブヒートがあります。
レブヒートは、スペインのお祭りならではの飲み物でシェリーカクテルです。

そして、春祭り名物のセビジャーナスという踊りがあります。
なかなか難しい踊りなので、日本人で踊れる人はほとんどいないようです。

また、食べ物ではブニュエロがあります。
ブニュエロはタラが入っている食事的なものもありますが、ここのお祭りのブニュエロは甘いもので揚げシューです。
生クリーム、カスタードクリームといった甘いクリーム類がはいっています。
レブヒートを飲んだ後に食べるのが最高だそうです。
その際、一緒にチョコラテを飲むのもおすすめ。

そして、時間ごとに楽しめるというのも大きな魅力でしょう。
昼間は子供たちが踊っている様子を見て、華やかに着飾っている女性を見ていると楽しめます。

夜は雰囲気が違い、かわいいfarolillo(ちょうちん)があるのも見逃せません。
また、最終日の花火は華やかで見ごたえありです。
ちょうど日付が変わる瞬間にあがるので、なかなか思い出深いものになりそう。

スペイン:芸術作品が燃え上がる「サン・ホセの火祭り」

スペインの芸術作品が燃え上がる「サン・ホセの火祭り」の歴史

このお祭りは1497年に遡ります。
当時、冬の数か月間大工や職人はオイルランプの光で作業していました。
やがて、ランプを吊り下げていたパロットを燃やして暖をとるようになり、サン・ホセの行事に結び付いたのです。
やがて、彼らは人形を木でつくるようになり、だんだんと知り合いの顔の人形をつくるようになったことから、現代のように有名人の人形を作るようになりました。

時期はいつになる?

毎年3月15日から19日で、制作者はこの日に間に合うように人形を作ります。
15日の夜には人形がすべて勢揃いしている形にならないといけないようです。
この日までに間に合わないと受け付けてもらえないらしく資格も剥奪されてしまうという厳しいものです。
そして、最終日の19日は人形を炎で燃やします。

概要をおさえよう

日本では考えにくいのですが、なかなか過激な火祭りです。
3月15日に様々な人形を集めて展示、中には有名人に似たものなどがあり、世界各国で注目を集める事が多々あります。
そして、その人形たちは18日までは展示するのですが、19日のサン・ホセの日には最優秀作品の1体を除き、燃やしてしまうのです。
残った1体は保存され、博物館に展示されます。

特徴を見極めよう

特徴は世界三大祭りのひとつといわれるだけあって、華やかなところです。
人形を燃やすやり方は真夜中近くに巨大なかがり火に入れて燃やすとされていますので、なかなか大胆。
炎や煙も、ものすごいものです。
日本では見られない大胆な激しさが大きな特徴でしょう。

また、お祭りの期間中、花火などでずっとにぎやかです。
爆竹がある事もあり、行かれた際はびっくりするかもしれません。
賑やかなことが大好きなスペインの国民性です。

魅力も伝えたい

集められた人形たちが何よりも魅力があります。
過去にはブッシュ大統領、オバマ大統領、レディ・ガガも登場しました。
人形は張りぼて人形といい、大きいものも小さいものもあります。
小さいものは15日まで、大きいものは16日の午前中までに仕上げます。

また、火祭りの最中はイルミネーションがきれいです。
特に有名なのは、ルサカ地区にあるスエカ通りとキューバ通りで毎年、評判が良いことでも有名。

そして、この地方の民族衣装に身を包んだ人たちもすてきで見応えあるのです。
パレンシアの民族衣装はお姫様のようなドレスで、きれいな色。柄、レースは女子心をそそります。
また、民族衣装を着た女性をファジエラと言い、毎年子供、大人からファジエラの代表を決めるのもこのお祭りの魅力のひとつです。
もし、行かれた際はこのようなイルミネーションやファジエラの美しさにも注目してみてください。