カンボジア:水祭り

カンボジア最大のお祭り、水祭り

東南アジアで有名なお祭りにソンクラーンという水かけ祭りがあります。
名前の通り水を掛け合うお祭りで水鉄砲やバケツで大量の水を掛け合うというものです。
毎年4月の13日から15日に行われおり日本から参加する人も多いです。

実はカンボジアにも水祭りがあります。
ソンクラーンのように街中で水を掛け合うものではありません。
カンボジアの場合には川でボートレースが行われたり灯篭流しをしたりします。

カンボジアの水祭り

カンボジアはあまり大きなお祭りが無い地域です。
そのような地域なので水祭りはとても大規模で行われ首都のプノンペンやアンコール遺跡群のあるシュムリアップは国中から人が集まります。
プノンペン市内を流れているトンレサップ川沿いには出店も立ち並びコンサートや花火大会も行われとてもにぎやかです。

水祭り(ウォーターフェスティバル)は11月の満月の前後3日間に行われます。
この時期は雨季が終わる時期で雨季の終わりと乾季の到来を祝う行事です。
11月は稲刈りが終わる時期でもあるので水の恵みに感謝をして収穫も祝う意味があります。

水祭り最大の見どころはトレンサップ川で行われるボートレース大会です。
ドラゴンボートといわれる木製の手漕ぎボートに数十人が乗り込んで二艘のボートでタイムを競い合います。
シンプルなレースですが毎年500を超えるチームが参加をし、家族や友人だけでなくカンボジア中から集まった観光客が応援するためとても盛り上がります。

水祭りの歴史

水祭りの始まりは諸説あります。
12世紀のクメール王朝時代に隣の国の侵攻を防ぐためにジャヤーヴァルマン7世王が水軍を指揮して追い返したことを讃えて始まったとする説や16世紀のカンボジア王国時代の水軍の勢力を誇示するためにボートレースが行われたことを起源とする説など様々です。

そのためどのくらいの時代から始まったかも正確な起源もわかっていません。
今は乾季の到来と米をはじめとした農作物の収穫を祝うお祭りという意味合いが強いです。

水祭りに参加をする際の注意点

水祭りは最近日本でも知名度が上がってきたために日本人も観光で訪れるという人もいます。
ただし普段のカンボジアとは違い国中から多くの人たちが集まるため混雑がものすごいです。
そのため2010年にはプノンペンでボートレースを観戦しようと集まった観光客が将棋倒しになってしまい350人以上が死亡し800人近くがけがをするという事故も起こっています。

やはりたくさんの人たちが集まることで交通事故やスリも多いです。
人混みはすごく混雑するので気をつけて行動すること、貴重品はホテルに預けて最低限の荷物で出かけるようにしましょう。

韓国:美肌祭り「ポリョン・マッド・フェスティバル」

韓国:美肌祭り「ポリョン・マッド・フェスティバル」の歴史を語る

韓国の美肌祭り「ポリョン・マッド・フェスティバル」は1998年にスタートしました。
まだ、スタートしてから10年余りと歴史的には浅いのですが、知名度はかなり上がっています。

実は、韓国のお祭りは数多くありますが、地域色が濃すぎて外国人は躊躇しがちになってしまい、体験しにくいものが多かったのです。
ところが、この「ポリョン・マッド・フェスティバル」は従来の外国人には受け入れ難い祭りというイメージを払拭させ、海外の人も参加しやすい感じになりました。
今では数多くの外国人が楽しむようになり、韓国最大規模の祭りになったのです。

韓国の美肌祭り「ポリョン・マッド・フェスティバル」開催時期

こちらの祭りの開催時期は毎年7月中旬から8月下旬です。
2018年は7月13日から22日でした。

このくらいの時期に夏休みを取れそうだったら、お友達を誘って参加したり、親子で参加したりするのも楽しそうです。
韓国大好きという人は多いので、観光がてらに楽しめそう。

韓国の美肌祭り「ポリョン・マッド・フェスティバル」の特徴

このお祭りの特徴は非常に良質な泥を使った楽しいイベントに参加することで、美容、健康に抜群の効果があるということです。
開催地のポリョンは海と山に囲まれた観光都市で海辺には136kmの海岸と干潟が続いている風光明媚な場所ですから、イベント以外はのんびりゆったりできます。

最近は外国人の参加が多いので、通訳ボランティア、外国人割引料金制度、外国人専用食堂や荷物預り所なども設けられているのです。
安心して泥まみれになれるのはうれしいところでしょう。

韓国の美肌祭り「ポリョン・マッド・フェスティバル」の魅力

この祭りの魅力は、とにかく数の多い泥イベントです。
泥のマッサージ、泥のスライダー、泥を使ったカラーペインティング、泥工芸、マラソン等、たくさんあります。
また、このフェスティバルのイメージキャラクターによるパレード、パフォーマンス、花火やコンサートなど、楽しいものばかりです。

一番人気の泥マッサージをご紹介します。
マッドセルフマッサージのコーナーというところがあり、そこは泥風呂が無料で入れますので、お得です。
まず、ここに飛び込んで全身泥だらけになります。
10分ほどして、泥が白くなり乾いてきたら、海に入るので、泥のミネラルと海水の塩の効果でお肌がしっとりします。

次に泥カラーペインティングをご紹介しましょう。
赤、緑、黄色、ピンク、青に染めた泥を刷毛等を使って全身に塗ります。
いたずら書き風でもいいですし、アートにしてもいいので、ここはうんと楽しんでください。
見ているだけでも楽しいイベントになります。