敬老の日

戦後から続く敬老の日

敬老の日は戦後1947年9月15日に兵庫県のある村で敬老会が行った「としよりの日」だと言われています。
その後全国にとしよりの日が広まり「老人の日」への改称ののちに1965年からは敬老の日として国民の祝日になったのです。

今は敬老の日は国民の祝日に関する法律で9月の第3月曜日とされていますが元々は曜日に関係なく9月15日とされていました。
これにはいくつかの理由があるのですがその一つが593年に聖徳太子が身よりのいない高齢者のために悲田院を設立した日が9月15日であることにちなんだという説が有力です。

敬老の日は何歳から祝うのか

敬老の日は祝日法では「多年にわたり社会に尽くしてきた老人を敬愛し長寿を祝う」という記載がされています。
ただ明確に何歳からが対象になるかは書かれていません。
そのためいつから敬老の日を祝うかは個人の判断にゆだねられています。

一つの目安とされているのが65歳です。
法令では65歳以上を高齢者としているので65歳以上の人を祝うということにされています。
他にも還暦を迎えてから敬老の日にプレゼントをもらうようになっている人もいますし、男性の場合には仕事を退職したことを機に敬老の日にプレゼントを受け取るという人もいて家庭によってかなり違いがあります。

人によっては高齢者扱いされることを嫌うこともあるのでいつから祝うかは難しい問題です。
祝う側としては悪意があるわけではないのに年寄り扱いするなと言われてしまうと悲しい紀伊餅になってしまいます。
そこで相手の気持ちを尊重することは忘れないようにしましょう。

孫からの感謝を伝える日

何歳から敬老の日にお祝いをするかは難しいものです。
そこでとされているのが孫からの感謝の気持ちを伝える日にするという位置づけにしている人も多くいます

孫にとっては「おじいちゃん・おばあちゃん」という存在であるために敬老の日に感謝の気持ちを伝えても年齢をあまり気にする必要がありません。
多くの人は最近では敬老の日には孫からプレゼントを渡す日にしています。

敬老の日に何を渡すか

敬老の日で難しいのは何歳から対象になるかだけではありません。
他にも何を渡すかも悩む問題です。

男性へのプレゼントはお酒や洋服が多く選ばれています。
それに対して女性へのプレゼントはお花が多く選ばれています。

祖父母のように2人に渡したいという場合には旅行や孫からの手作りのプレゼントが多いです。
連休になるということもあり孫を連れて帰省をする家庭も多くあります。

祖父母にとっては孫に会えるのはとてもうれしいことであり孫が来てくれることが最も嬉しいという声も多いです。
敢えて聞いてどのようなプレゼントが欲しいかということを聞いてみるのも一つの方法としてあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です