ミャンマー:僧侶になるための「得度式」

ミャンマーにおける僧侶になるための「得度式」とは

ミャンマーではほとんどの仏教徒が子供の頃に出家をさせるようです。
その際は「得度式」があります。
まずは、「得度式」の「得度」についてご紹介します。
「得度」は正しい作法を通じて、僧侶としてふさわしい姿になり、仏の教えを信じ、仏の徳を見につけることです。

「得度式」とは師匠によって髪をそり落としたいただき、衣(ころも)、袈裟(けさ)、坐具、応量器と言った僧侶が生きるために必要最低限の物を頂き、僧侶の仲間入りをするのですが、ミャンマーの子供もための「得度式」は華やかなものです。
それは、子供達「シンラオ」というきらびやかな衣装を身につけているからでしょう。
男の子は純白のサテン地の上下にきらきらした帽子、女の子はピンクかオレンジの衣装になります。
この服装は釈迦族の王子だったゴータマ・シッダールタ(後のブッダ)にちなんだものだそうです。
この儀式は2日に渡って行いますので、まだ小さい子供たちにとっては堅苦しいものになります。

出家の時期は?

出家の時期については明確に何歳~という決まりはないようです。
ただ、20歳未満の場合は「十戒」を守るようにします。

「十戒」の内容ですが、殺生をしない、盗みをしない、異性に触れない,嘘をつかない、酒を飲まない、午後に食事をしない、歌や音楽、踊りは視聴しない、指輪、ネックレスという装身具、香水は使わない、大きいベッドをつかわない、お金を受け取らないといったことです。
一般常識としても通用する大事な教えになります。
ミャンマーでは5歳から出家させるようです。

女の子と男の子の違いについて

ミャンマーでは子供の出家において、男の子と女の子の違いがあります。
男の子は剃髪しますが、女の子は儀式を終えたというしるしで耳に金のピアスをするようです。
剃髪は、まだ小さい子にとっては大変なことで、泣いてしまう子もいるでしょう。
原則として、女の子は儀式を受けるのみで出家はしません。
頭を丸めた男の子たちは裸になって水で全身を洗い、儀式用の化粧をおとして、エンジ色の僧衣を着せてもらいます。
そして、僧侶の話を聞いてお経を授かり、最後に子供の親が急須に入れた水を一滴たらして2日間にわたる「得度式」を終えるのです。

男の子の場合、剃髪後は僧侶として数週間か、数十日お寺に預けられることもあるようですが、その後は俗世に戻ります。
そのままお寺に残り、大人になるまで修行する子もいるようです。
親の考えにもよるでしょうし、人それぞれということでしょう。

ただ、まだ子供である時期に短期間でも修行できるのは、それだけでもえらいことです。
ぜひ、日本の子供達にも見習ってほしいもの。

アイルランド:セントパトリックス・デー

セントパトリックスデーとはどんな日?

セントパトリックスデーとは、アイルランドの守護聖人であった、聖パトリックの命日をたたえるお祭りで、カトリックにおける祭日として知られています。
3月17日が命日とされており、この日アイルランドは祝祭日として、聖パトリックの命日を粛々と祝います。
アイルランドだけではなく、1903年から正式に祝祭日となった国も多く、祭礼日として、多くの国民が、セントパトリックスデーに参加をするでしょう。

セントパトリックスデーの当日は、教会に礼拝に赴くことが一般的ですが、近年では、とにかく盛大にセントパトリックスデーを祝うため、各地でイベントが行なわれています。
とにかく飲んで謳って踊って、アイルランドの文化を称え、一日中楽しく過ごすことが慣わしとなっているでしょう。

緑がキーカラーとなるセントパトリックスデー

セントパトリックスデーでは、とにかく緑の物を身につけ、緑の物を持つことが風習となっています。
三つ葉のシャムロックを初め、緑のアイテムがキーアイテムとなり、イベントに参加する際には、緑の物を用意する事が大切です。
緑のファッション、緑のアイテムを持ちより、セントパトリックスデーのイベントに参加しましょう。

イメージカラーが緑となっている理由は、アイルランドの自然の色と言われています。
緑豊かなアイルランドはその自然の豊かさから、エメラルド色の島と呼ばれており、シンボルカラーとして大切にされています。
そのため、アイルランドを象徴したセントパトリックスデーでは、とにかく緑づくしになると言えるでしょう。
緑の服や緑のアイテムだけでは無く、緑のビール、緑の食べ物を食べる風習があることも、セントパトリックスデーの特徴です。

シャムロックのアイテムもポイント

セントパトリックスデーでは、三つ葉のシャムロック(クローバーの類似種)が、イベントを代表する形として、多くの方が身につけます。
元々聖パトリックが、シャムロックは三位一体を表していると布教したことがきっかけとされており、現在でも、その言葉が受け継がれていると言えるでしょう。

アイルランド語ではクローバーを意味するシャムロックですが、三つ葉のものがイベントの際にはポイントとなります。
ネックレスやストラップなどを初め、様々な形でシャムロックを重要視する方が多いため、
イベント参加時には用意をしていくと良いでしょう。

また、セントパトリックスデーを祝う国々では、セントパトリックスデーを祝うための、盛大なパレードが行なわれていることが多いでしょう。
パレードでは、緑をモチーフに様々な衣装に身を包んだダンサーが踊り、非常に楽しい雰囲気を味わうことができます。