韓国:ブラックデー

韓国の記念日、ブラックデー

2月14日のバレンタインデーと3月14日にホワイトデーは世界的に有名な行事です。
韓国でもこの二つはおなじみの行事ですが他にも4月14日にブラックデーというものがあります。

ブラックデーと聞くと黒だから少し不吉な名前に感じてしまいます。
しかし、バレンタインデーとホワイトデーがカップルたちのイベントであることを受けて作られた独り身へのイベントで出会いのチャンスがある日でもあるのです。

ブラックーでの由来

ブラックデーは1990年代前半に自然発生的に誕生したもので明確な由来はわかっていません。
ある年の4月14日に黒い服を着た若者がチャンミョンを食べていたことが始まりだと言われています。
チャンミョンというのは黒味噌で豚肉やタマネギを炒めてあんかけにして中華めんの上にかけたもので見た目が黒い麺です。

これが始まりとなって今では4月14日には恋人のいない人たちが黒い服を着て黒い麺を食べることが習慣となっています。
バレンタインデーやホワイトデーを寂しく過ごした人たちが慰め合うイベントとして定着をして盛り上がっているのです。

ブラックデーが始まって間もないうちは独り身の寂しさを紛らわせるために各自が黒い服で黒い麺を食べていましたが今は集まって楽しむようになっています。
そのためブラックデーは独り身の人たちが集まって出会うことのできる合コンのような出会いの場になっておりブラックデーにカップルになるという人も多いです。

韓国はイベントが好き

ブラックデーは恋人のいない人たちのイベントとして盛り上がりを見せていますがやっぱりブラックデーだけで皆がカップルになれるわけではありません。
そこで独り身の人たちのために他にもイベントがあります。
それが5月14日にあるイエローデーです。

イエローデーも名前にちなんで黄色い服を着て黄色い食べ物であるカレーを食べます。
この日は「黄色い服を着てカレーを食べなければ一生独り身から逃げられない」と言われています。

それ以外の14日にも韓国では恋人同士のイベントがとても多いです。
6月はキスデーでキスをする日、7月はシルバーデーで銀のアクセサリーを交換する日、8月はグリーンデーで自然の中でデートをする日、9月はフォトデーで写真撮影をする日、10月はワインデーでワインを飲む日、とこれだけたくさんのイベントがあります。

14日に限らず韓国はとてもイベントが多いですし特に恋人同士のイベントは多いです。
イベントを実際に楽しむかどうかはカップルによって違いますし浸透している度合いも地域によって差があります。
しかし毎月何かイベントがあればカップルもマンネリになることなく付き合うことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です